ご挨拶

グローバルヘルスケアイノベーションセンターを設立し、
新たなヘルスケアシステムを世界に発信します

私共、一般財団法人グローバルヘルスケア財団(FGHC)は、日本における先端ものづくり技術を医療分野に導入することで、高度で効率的な医療サービスを患者に提供し、より良いヘルスケアの創出を果たすべく、鋭意努力を重ねております。

新たなヘルスケアシステムの創出とグローバル規模での発信こそが、長きに亘り低迷する日本の起爆剤となり、やがては世界中の人々に笑顔をもたらすことができると心から確信しております。

この目的を達成するために、私共は、治験施設、研究所、教育機関と各種複合施設からなるグローバルヘルスケアイノベーションセンター(GHIC)設立構想を進めております。
GHICがもたらすものは、よりよく生きるためのヘルスケアシステムであり、次世代のヘルスケアシステムの構築を通じて、健康医療分野における思想、制度、運営、拠点施設の評価と企画立案に基づく新たな実践システムの構築を行います。

また、国内臨床試験(治験)のより迅速且つ効率的な推進を目的として新たな治験システムを構築し、連携医療機関ネットワークからの治験情報を一括管理する「治験統括センター」を設置しております。治験窓口の一元化により、症例集積性の向上と低コストでの治験遂行をその役割としています。

人類の健康医療水準の向上を目指し、新たなシステムを世界に発信していくべく、一心精進してまいります。

日本医学会会長
グローバルヘルスケア財団
評議員 高久 史麿