研究部

再生細胞医療に関する臨床研究と基礎研究を行っています。 また、文部省科学研究費認定施設として、科研費申請を含む公的助成金申請を行っています。

臨床研究

(倫理委員会は、外部IRBとしてJAPSAM IRBで、審査いただいております)

がん免疫細胞療法におけるリアルタイムMRIイメージングによる臨床研究

がん免疫細胞療法で投与した免疫細胞が 患者様の体の中でどのように働くのか、リアルタイムに検出するために、新規磁性粒子を用いたMRIイメージング研究を行います。 この研究を通して、免疫細胞療法における適切な投与量、投与ルート、投与期間、などが明らかとなり、 科学的に有効性を証明することができる免疫細胞療法を確立することが可能となります。

活性化リンパ球を用いたiPS細胞の樹立と活性化リンパ球生産

がん免疫細胞療法では、患者様から採血と細胞加工を繰り返すことで、頻回の免疫細胞投与が可能となります。 しかし、患者様にとって、この操作は、負担が大きく、また、投与量、投与スケジュールに限界があり、治療効果を制限します。 そこで、活性化リンパ球を皮膚細胞に代わって、iPS細胞作成のドナーとし、大量に生産することで、再生活性化リンパ球を大量に入手することが可能であるかどうか検討します。

ヒト脂肪内幹細胞の大量培養と臨床研究

準備中

基礎研究

3次元マイクロ成形技術を用いた再生医療用プレートによる肝臓、膵島、脳再生研究

3次元マイクロ成形技術を用いた再生医療用プレートとして、TASCLEをすでに東大との共同研究で開発し、 胚葉体形成や分化誘導に有用であることをすでに報告してきました。このTASCLEを用いて、 3次元レベルで肝臓、膵島、脳を再生し、ミニ臓器レベルへ到達させる研究を行います。 同時に、プレート改良を行い、再生ミニ臓器移植に有用な技術を確立します。

3次元マイクロ成形技術によるマクロ臓器作成研究

ヒトで応用できるマクロ臓器作成には、TASCLEの1000倍以上にボリュームと新たな技術革新が必要です。 新規多層法を用いたマクロ臓器作成基盤技術の研究を行い、肝臓、脳でその有用性を検討します。